夏休み親子留学体験記ー親子で語学学校のサマーキャンプ

こんにちは!「おやこ留学ドットコム」コーディネーターのAkariです。

ゴールドコーストは9月になり気温が上がってきていますが、ここ数ヶ月ほぼ雨が降っていない状況で、異常な乾燥と強風によりレイン・フォレストエリアにも関わらず大規模な山火事が発生。山のほうでは美しい森林が焼き尽くされるという深刻な状況が続いています。日本も大きな台風の被害に襲われたエリアがあるようで、自然災害なかなか防ぎようがありませんが、気をつけていかなくてはいけませんね。被害に遭われた皆さま心よりお見舞い申し上げます。

↓山火事の煙がゴールドコーストまで降りてきていて夕日や街が霞んでみえます

 

さて、夏休みにご参加いただきましたお母様の体験記ご紹介していきます。

お母様が18歳の時にワーキングホリデービザで1年間暮らした懐かしのゴールドコーストに、娘さんと一緒に親子留学で念願の再来豪を果たしました。1月間ホームステイをしながら、英語学校の英語クラス+アクティビティコースに通われました。

———————————————————————————————

最高な1ヶ月でした!

初めにホストファミリーを決める際に、日本人の奥さんとオーストラリア人の旦那さんの家族と言われて、英語環境が良かったので断ったのですが、娘が英語が全く話せない+食べ物の好き嫌いがあり、1ヶ月居るので娘が楽な方をと思い、日本人の奥さんとオーストラリア人の旦那さん、2人の姉妹のお宅へホームステイさせてもらう事を決めました。

これが、本当に良かったと感じています!!
上のお姉ちゃんは少しだけ日本語が分かるので、娘も緊張が解けすぐに仲良くなり、全く話せなかった所から自分でスタバやアイスクリームショップで注文を進んで出来るようまでになりました!

オーストラリア人の旦那さんにも自分から話しかけたり、自信がついて間違ってても言葉を発するという事が出来てきて驚きました!食事も日本食を出していただいたので、胃も疲れる事もなく1ヶ月快適に過ごさせてもらいました!ホストファミリーとは帰国後も連絡を取っていて日本でも、会う事が決まりいい関係をつくる事ができ感謝です!

語学学校ですが、夏休みという事もあり凄い人で最初はかなり戸惑いましたが、そのうちに慣れていき私も娘も最後まで楽しんで勉強ができました!
アクティビティは時間も無くバタバタな感じでしたが結果的に娘は楽しんでいたので良かったです!

私も、大好きなビーチへ毎日の様に行けて現地の方と世間話ししたり、昔のホストファミリーや、シドニーまでいき、高校生の時の交換留学生だったオーストラリア人のお友達と14年ぶりに再会する事ができました!!

学校も、クラスメイトや先生と放課後パブへいったり本当に最高な1ヶ月を過ごすことが出来ました!

色んな方々と出会い思ったことは、誰かに頼るのでは無く、自分でなんとかする、自分でいい方へ持っていく、やりたい事はやる!!全ては自分自身だと思いました!

英語力どうこうの前に、この1ヶ月で娘も本当に自信がつき色々な国のお友達が出来て、私も娘の新たな一面を見て感動しました!!

1ヶ月の間なんのトラブルもなく過ごすことができて皆さんに感謝感謝です!!最高な1ヶ月、一生忘れません!いつかまた戻りたいとおもっています。

——————————————————————————————-

長期留学の場合は、英語環境に身をおいたほうが断然英語の伸びは早いですが、2〜3週間の短期滞在で、ビギナーの英語力が驚くほど伸びるのか?というと正直あまり期待はできません。ではなぜ小さな子供を連れて短期留学するの?となりますが、下記2点が短期の親子留学でお子さんたちに与えてあげられるメリットだと思っています。

1.オーストラリア楽しかった!という好印象=今後英語に興味を持つきっかけになる。

2.少しの英語でもコミュニケーションが取れた!という自信を養うことができる。=セルフコンフィデンスを養う(自分に自信がつく!)

日本人と英語人の国際結婚ファミリー宅では家も含め、大抵英語と日本語がぐちゃぐちゃに飛び交っていますwこのような環境ですと、気持ち的にも余裕があるので英単語ピックアップしやすいというのはありますよね。そこで拾った英語を日本語混じりでも良いので使ってみて、自分の英語が通じた!という自信を持って帰国することは、子供たちにとって大きな意味があると思っています。

海外にせっかく来るのだから、ネーティブのファミリー宅で英語にどっぷり浸かれる環境を重視される方がほとんどです。日本でインターに通っていたり、ある程度の英語力があるお子さんであれば、断然ネーティブファミリー宅での滞在をおすすめします。また親御さんが英語の環境で自分の英語力を試したい。という方にもネーティブファミリーがおすすめです。

お子様の英語力によっては、「楽しく過ごす」という点を重視される方には今回のように国際結婚ファミリー宅に滞在する。というのも選択肢の一つかと思います。ホームステイ自信がないな。と思われている方も、こちらから初めてみるのも良いかもしれませんね。

いろいろ気付きのあった充実した滞在だったようで本当に嬉しく思います。姉妹のような素敵な親子でした✨ご参加ありがとうございました!

 

お得な情報をこっそりお届けします。
メルマガのご登録はこちらです。
http://oyako-ryugaku.us8.list-manage.com/subscribe?u=a7aad4ef4f19bd3577366b6e9&id=feed083e2d
メールアドレス:info@oyako-ryugaku.com
ホームページ:www.oyako-ryugaku.com
フェイスブック:@OyakoRyugakucom
インスタグラム:www.instagram.com/oyakoryugakucom/

 

夏休み親子留学体験記ーホームステイ+現地校

 

こんにちは!「おやこ留学ドットコム」コーディネーターのAkariです。

今年も日本の夏休みシーズンたくさんの方達にご参加いただきました。弊社日本にオフィスがないにも関わらず、ホームページやプログから直接お問い合わせいただく方もたくさんいらっしゃいまして、本当に嬉しい限りです。今年も親子ですばらしい体験になったという感想を帰国後多々いただいております。

早速7歳と6歳のお子様達と福島からご参加いただきましたお母様の体験記をご紹介します。親子でホームステイをしながら、お子さんたちは現地小学校へ入学。お母様はその間現地のお料理教室やヨガ教室に参加したりと、いろいろなことにチャレンジされ充実した2週間を過ごされました。

———————————————————————————————

親子留学大変お世話になりました。感動冷めやらず体験記送らせていただきます。

この夏小2と小1の子供が2週間の留学をしました。2週間英語の環境にどっぷり浸かれるプランを探しているとき、こちらのエージェントを知りました。旅行といえば、旅行会社の窓口へ行って…が基本でしたが、思い切ってあかりさんに連絡を取ってみると具体的なお話しときめ細かい対応で、不安は吹っ飛んでしまったのを覚えています。

ホームステイ先は、子供2人のバディになってくれたご家庭で、英語が流暢でない私の言葉もしっかり拾ってくださるとても温かいご家族でした。夜は真っ暗にしてみんなでかくれんぼをしたり、寝る前に本を読み聞かせしてくれたりして、部屋に戻ると思わず子供があまりの優しさに感動して泣き出すこともありました。小学校も、学年20人程度の少人数制のクラスで担任の先生の目が行き届いていて、お友達も優しく接してくれる素敵な環境でした。

2歳から英語教室に通い始めましたが、教室を離れるとなかなか英語の環境にならずもどかしい日々を過ごしていました。しかし今回、ホームステイ先でも小学校でも遊びや学習の中で自然に英語でコミュニケーションをとる姿は驚きの連続でした。下の子が小学校に入ったら、親子留学してみたいという親の想いから今回申し込みましたが、その時本当に連れてきて良かったなぁと胸をなでおろしました。

あかりさんには、現地においても、些細な心配事やわからない事など即時に対応していただき、知らない国でしたが親子共々安心して2週間楽しむことができました。最後になりますが、想像以上の感動の日々を過ごさせていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。

——————————————————————————————–

今後また同じホームステイ先に滞在して同じ学校に通いたい。というお話をいただきました。ぜひまたゴールドコーストでお待ちしていますね!素敵な体験記ありがとうございました。

日本の夏休み期間に現地の学校に入学したい。というご要望が年々増えてきています。1年のうちで現地校のお休みが日本と重ならないのはこの夏休み時期だけということもあり、現地校の空き状況を抑えるのも年々早い者勝ちという状況です。来年の夏休みに現地校への短期留学を検討されている方は、今年中のお申し込みをお勧めします!

 

お得な情報をこっそりお届けします。
メルマガのご登録はこちらです。
http://oyako-ryugaku.us8.list-manage.com/subscribe?u=a7aad4ef4f19bd3577366b6e9&id=feed083e2d
メールアドレス:info@oyako-ryugaku.com
ホームページ:www.oyako-ryugaku.com
フェイスブック:@OyakoRyugakucom
インスタグラム:www.instagram.com/oyakoryugakucom/